My Oracle Support Banner

18c & 19c SQL*Plus を使用したフィジカル・スタンバイのスイッチオーバーのベストプラクティス (Doc ID 2545688.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 18.3.0.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2485237.1> (最終メジャー更新日: 2019年02月25日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

このドキュメントは 18c と 19c のスイッチオーバー手順について説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 前提要件
 最新の psu/バンドル・パッチ
 設定/構成の確認
 初期化パラメータの確認
 理解とテストフォールバック・オプション
 スイッチオーバー前
 REDO/アーカイブ・ログの適用が問題ないこと、およびギャップがないことを確認します。
 データファイルと一時ファイルのステータスの確認
 オンラインおよびスタンバイ REDO ログファイルの設定
 アラートログファイルの確認
 アーカイブログのギャップと REDO の遅延の確認
 スイッチオーバー:
 スイッチオーバーの確認
 スイッチオーバーのステップ
 スイッチオーバー後
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.