My Oracle Support Banner

NLSパラメータの優先順位(NLSパラメータを定義する場所) (Doc ID 2557338.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 8.0.3.0 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 8.0.3.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
* 本文書で記載されている BUG 情報は My Oracle Support では公開されていない場合があります。

目的

このドキュメントでは、クライアント/サーバー・モデルのデータベースに標準的なクライアントからの接続を行った場合に、NLSパラメータの設定がどのような優先順位で採用されるかいついて解説します。

対象

Oracle 8.0以降のリリースにおいて、Oracle DBAとサポート・エンジニアを支援するためのドキュメントです。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 はじめに
 A) セッションのパラメータ - NLS_SESSION_PARAMETERS
 A1) alter session による設定
 A2) クライアント側のNLS_LANGで設定
 A2a) NLS_LANG に <NLS_Territory> の要素だけが指定されている場合
 A2b) NLS_LANG に <NLS_Language> の要素だけが指定されている場合
 A2c) NLS_LANG に <clients characterset> の要素だけが指定されている場合
 A2d) その他のNLSパラメータをクライアント側で設定している場合
 A2e) NLS_SESSION_PARAMETERS のデフォルト値:
 A2f) NLS_LANG が設定されていない場合
 A3) 他に知っておくべきこと:
 B) インスタンスのパラメータ - NLS_INSTANCE_PARAMETERS
 C) データベースのパラメータ - NLS_DATABASE_PARAMETERS
 D) NLS 情報を提供するその他のビュー:
 D1) sys.props$
 D2) v$nls_parameters
 D3) userenv language / sys_context language
 D4) userenv ('lang')
 D5) show parameter NLS%
 D6) v$parameter
 D7) v$system_parameter
 D8) database_properties
 E) 名前 "NLS" を含むその他のパラメータ:
 F) NLS パラメータの正しい設定値はなんですか?
 G) データベース管理者として、(NLS_DATE_FORMAT などの)NLSパラメータを『データベース』レベルで設定することを求められています。
 H) JDBC を使用している場合のNLSパラメータ
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.