My Oracle Support Banner

Oracle Platinum Services:Exadata Exachkの自動化プロジェクト (Doc ID 2579054.1)

Last updated on AUGUST 20, 2019

適用範囲:

Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 11.2.3.3.1 から 12.1.2.2.0 [リリース 11.2 から 12.1]
Oracle Platinum Services - バージョン N/A 以降
ASRExachk
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上の注意事項
====================
本文書は英語の文書(Document 2043991.1: 最終メジャー更新日2018年7月31日)の日本語版です。
英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

詳細

パイロットの詳細:   この試験的なプロジェクトは、新しいシステムでは利用することができません。

免責事項:   この文書の情報は最新の改訂版であり、予告なしに変更されることがあります。

 

Oracle Platinum ServicesのExadata Exachk 自動化プロジェクト・パイロットの概要

可用性

Oracle Platinum ServicesのExachk自動化構成は新しいシステムでは使用できません。予め選択された (バージョンの) Exadataシステムに実装されていたOracle Platinum ServicesのExachkの自動化機能は、お客様が、“How to Disable Exachk Automation(Exachk自動化を無効にする方法) ” に記載されたステップに従って明示的に無効化しない場合、近い将来その機能を自ら停止します。

Exachkレポート情報

一般的なExachkレポートの詳細については、以下のMOSノートを参照してください。:

    <Document 757552.1> - Oracle Exadata Best Practices

    <Document 1070954.1> - Oracle Exadata Database Machine exachk or HealthCheck

    <Document 1947100.1> - Understanding, Navigating and Troubleshooting the Exachk Report

 


アクション

Exachk自動化を無効にする方法

お客様は、次の手順で、システム上Exachk自動化を無効にすることができます:

rootとしてログイン

次の環境変数を設定します

export RAT_TIMEOUT=120

export RAT_ROOT_TIMEOUT=600

export RAT_PASSWORDCHECK_TIMEOUT=30

export RAT_OUTPUT=/opt/oracle.SupportTools/exachk/output

export RAT_COPY_EM_XML_FILES=1 

cd /opt/oracle.SupportTools/exachk

実行:

./exachk – initrmsetup

Check if daemon is running

./exachk –d status

デーモンが実行されているかどうかを確認します:

/etc/init.d/init.exachk shutdown

/opt/oracle.SupportTools/exachk –d status

 

コンタクト

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
詳細
アクション
 
コンタクト
 Exachk自動化の無効化に関する支援をリクエストするには:
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.