My Oracle Support Banner

RMANを使用してDBを新しいホストとファイルシステムに移動/復元する方法 (Doc ID 2584659.1)

Last updated on SEPTEMBER 30, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 9.2.0.6 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 Document 1338193.1 (最終メジャー更新日: 2019年04月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。




目的

 

注:以下の画像および/またはドキュメントの内容では、使用されるユーザー情報と環境データは、Oracleサンプルスキーマ、Oracleデータベース製品で提供される公開ドキュメント、またはその他のトレーニング資料からの架空のデータを表しています。実際の環境、実際の人、生きているか死んでいるかのいずれかとの類似性は、単なる偶然であり、いかなる意味でも意図されていません。

このドキュメントでは、手順を説明するための例として次の架空の環境を使用します:

ソースデータベース:
DB_NAME: PRIM

コピーされるデータベース:
DB_NAME: TEST

 

データベースを新しいサーバーに再配置する方法

次の理由により、データベースを新しいサーバーに復元する必要がある場合があります。
1)災害復旧戦略の確認
2)データベースを新しいサーバーに移動する

注意:データベースのクローンを作成する場合は、RMAN duplicateコマンドを使用する必要があります。データベースの複製に復元/回復を使用しないでください。


このメモは、ASM、OCFS、raw、フォーマットされたものなど、すべてのファイルシステムで利用できます。


手順は次のようにまとめられます:

1)既存のホストでデータベースのバックアップを取る
2)新しいホストで、制御ファイル、データファイル、および一時ファイルを新しい場所に復元する
3)新しいホストで、オンラインREDOログの名前を変更する
4)NIDを使用してdb_nameとdbidを変更する

 

重要な注意:復元および回復処理中、バックアップを実行するために使用している場合でも、本番データベースの回復カタログに接続しないでください。同じDBIDのデータベースが複数ある場合、本番データベースのリカバリカタログは混乱します。


https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/backup.112/b56269/rcmadvre.htm#i1007814

 

仮定

1)既存のホストと新しいホストが同じオペレーティングシステムとRDBMSパッチセットで実行されている。別のプラットフォームやRDBMSパッチセットへの復元は非常に複雑であるため、このノートでは対処しません。

2)すべてのデータファイルと表領域がオンラインでアクセス可能

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 仮定
解決策
 解決策1-出力例のない簡潔な手順
 ステップ1.1-本番データベースのバックアップ
 オンライン バックアップ
 オフライン バックアップ
 ステップ1.2-バックアップピースを新しいホストに転送します
 ステップ1.3-新しいホストでデータベースを復元します
 解決策2-出力例のある詳細な手順
 ステップ2.1-本番データベースのバックアップ
 ステップ2.2-バックアップピースを新しいホストに転送します
 ステップ2.2.1このステップはWINDOWSに固有のものです
 ステップ2.3-制御ファイルを復元します
 ステップ2.4-必要に応じてバックアップピースをカタログ化します
 ステップ2.5-データベースを復元します
 ステップ2.6-オンラインREDOログの名前を変更します
 ステップ2.7-データベースの名前を変更します
 ステップ2.8-一時ファイルを確認します
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.