My Oracle Support Banner

19C の顕著な結果不正の問題を事前に回避するための考慮事項 (Doc ID 2608713.1)

Last updated on NOVEMBER 28, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 19.1.0.0.0 から 19.3.0.0.0 [リリース 18]
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A から N/A [リリース 1.0]
Oracle Database Cloud Service - バージョン N/A から N/A [リリース 1.0]
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 19.1.0.0.0 から 19.3.0.0.0 [リリース 18]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

結果不正は、コード内の問題による動作です。このドキュメントの目的は、19C で一般的で影響の大きい結果不正の問題を予防的に回避することを期待して、いくつかの推奨されるBUG修正を公開することです。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 ベストプラクティス
対象
詳細
 19.0.0.0.0 (Jan 2020) データベース・リリース・アップデートに含まれる BUG 修正
 19.5.0.0.191016 (Oct 2019) データベース・リリース・アップデートに含まれる BUG 修正
 19.4.0.0.190716 (Jul 2019) データベース・リリース・アップデートに含まれる BUG 修正
 19.2.0.0.181005 (Oct 2018) データベース・リリース・アップデートに含まれる BUG 修正
 将来の RU に含めるためにリクエストされた BUG 修正
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.