My Oracle Support Banner

12c以降のリリースで、パーティションを複数のパーティションに分割する方法 (Doc ID 2672156.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
12c以降のリリースでは、パーティションを一度に3つ以上のパーティションに分割する機能がサポートされます。

ALTER TABLE文のSPLIT PARTITION句で、1つの表パーティションのデータを複数のパーティションに分割することができます。複数パーティションへの分割を行うと、それぞれのパーティションに新しいセグメントが割り当てられ、現在のパーティションのセグメントは破棄されます。新しいパーティションの分割時に指定されなかった物理属性は、分割前のパーティションの値が引き継がれます。

新しいSPLIT PARTITIONの構文では、分割時にATまたはVALUES句を指定する代わりに、作成時と同様のパーティションのリストを指定することができます。分割後の最後(N個目)のパーティションの範囲または値リストは、分割前のパーティションと分割されたN-1個のパーティションから自動的に導出されます。

リスト・パーティション表のDEFAULTパーティションや、レンジ・パーティション表のMAXVALUEのパーティションを分割した場合は、N-1個のパーティションに値リストまたはパーティション・バウンドが指定され、N個目のパーティションはDEFAULTまたはMAXVALUEのパーティションとなります。コンポジット・パーティション表のSPLIT SUBPARTITIONについても同様の拡張が行われています。

目的

12cの新機能である、表のパーティションまたはサブパーティションを一度に複数のパーティション/サブパーティションに分割する方法について解説します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 レンジ・パーティション化
 リスト・パーティション化
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.