My Oracle Support Banner

高速SPLITでパーティションの分割を行う例 (Doc ID 2676605.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

注意: 以下の画像またはドキュメントの内容で使用されるユーザー情報およびデータは、Oracle データベース製品と共に提供される Oracle サンプル・スキーマまたは公開文書からの架空のデータを表しています。実際の人物との類似性は、その生死にかかわらず純粋に偶然の一致であり、いかなる場合においても意図されたものではありません。

既存のパーティションを分割する場合は、次のコマンドを実行します:

value に指定した値をパーティション・バウンドとして、newpartition1newpartition2 の2つのパーティションにパーティションを分割します。パーティション・キーの値が value より小さな行は newpartition1 に移動し、それ以外の行は newpartition2 に移動します。

分割前のパーティションのすべての行が、新しいパーティションのどちらかに移動することになります。したがって

このような表を、長時間ロックしたままにしたり、多くのグローバル索引の再構築を行ったりすることが難しい場合もあります。

高速SPLIT と呼ばれる方法で分割することで、処理に時間がかかったり、索引の再構築が必要になったりすることを回避することができる場合があります。

Oracleデータベースがどのような条件で高速SPLITを使用してパーティション分割を行うか理解することで、この方法を活用することができます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.