My Oracle Support Banner

RMANと高速リカバリ領域 (Doc ID 2682274.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Enterprise Manager for Oracle Database - バージョン 10.1.0.2 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.1.0.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントでは、RMANがバックアップおよびリストアにおいて、高速リカバリ領域をどのように使用するのかについて解説します。

10gで導入されたFRA(高速リカバリ領域、10gではフラッシュ・リカバリ領域と呼ばれていた)は、バックアップおよびリカバリのためのファイルを集中管理するディスク領域です。

対象

すべてのDBAとサポート・エンジニアを対象とします。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 概要
 RMANのコマンドで高速リカバリ領域に作成されるファイル
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.