My Oracle Support Banner

ターゲットおよびリカバリ・カタログに接続しないデータベースの複製 (11.2-) (Doc ID 2687795.1)

Last updated on JULY 06, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

11.2以降のリリースでは、RMANでターゲット・データベースとリカバリ・カタログには接続せずにデータベースの複製を作成することができるようになっています。

この方法でRMANが必要とするのは、データベースの複製作業に必要なSPFILE、制御ファイル、データ・ファイル、アーカイブ・ログをリストアするために必要なバックアップ・ピースの場所だけです。

この方法での複製は次のような方法で行います :

RMAN> DUPLICATE DATABASE TO <auxiliary DB name>
                UNTIL TIME "TO_DATE('29-MAY-2010 14:16:42','DD-MON-YYYYHH24:MI:SS')"
                SPFILE
                 set control_files='<aux path>\<controlfile_name>'
                 set db_file_name_convert='<target path>','<aux path>'
                 set log_file_name_convert='<target path>','<aux path>'
               BACKUP LOCATION '<location of backup on disk>';


BACKUP LOCATION句の使用が、ターゲットとリカバリ・カタログへの接続を使用しないバックアップ・ベースの複製をあらわしています。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 このタイプのデータベースの複製で行われる処理
 データベースの複製手順
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.