My Oracle Support Banner

R12: ARの期間クローズ手順について (Doc ID 1573569.1)

Last updated on JULY 02, 2020

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 12.0.0 から 12.1.3 [リリース 12.0 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

Oracle Receivables (AR): Transactions Workbench Information Center > Note 1269489.1


本文書は、R12バージョンにおけるOracle Receivabelsの会計期間クローズ手順について紹介しています。

ここで使用する「会計期間クローズ」とは、以下の用語と同じ意味を指します。

重要:本文書は、以下のNOTEの資料より引用したものです。
Note 961285.1 R12: Period-End Procedures for Oracle Financials E-Business Suite
こちらのNOTEでは、全会計モジュールの期末処理の手順について紹介されています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
詳細
 1. クローズ処理を行う期間の取引を完了します。
 2. 対象期間の取引活動を調整します。
 3. 顧客の未払残高を調整します。
 4. 入金を調整します。
 5. 銀行取引明細書による決済済の入金活動を調整します。

 6. General Ledgerに転送します。
 7. General Ledger転送処理を調整します。

 8. 仕訳インポート処理を調整します。

 9. Oracle Receivablesの期間をクローズします。

 10. レポートを用いて、ARとGLの残高を調整してください。
 11. Oracle Receivablesの次の会計期間をオープンしてください。
 12. Service Requestでのお問い合わせについて
 13. パッチ情報
 14. コミュニティについて
 フィードバック
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.