My Oracle Support Banner

自動インボイスにおける入金方法、支払方法、クレジットカードおよび銀行口座 エラーのトラブルシューティング (Doc ID 1580089.1)

Last updated on SEPTEMBER 09, 2019

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 11.5.10.0 から 12.1.2 [リリース 11.5.10 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Executable:RAXTRX - Autoinvoice Import Program


目的

Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center >Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 > Note 1098583.1

 




本Noteでは自動インボイスにおける支払方法および入金方法の機能についてご紹介します。また、よくあるエラーや例外、予期せぬ動作の解決方法について、ステップごとにご案内します。

以下のNoteと併せてご参照ください。
Note 1067402.1, AutoInvoice Setup for Release 12: A Case Study Using a Simple Script
Note 1075757.1, Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12

また、以下のNoteもご参照ください。
Note 1071284.1 Setting Up Receipt Class And Method For AutoInvoice

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center >Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 > Note 1098583.1
トラブルシューティングの手順
 1. デフォルトの入金方法を使用するか、パラメータで入金方法を指定するか
     a. デフォルティング方法
     b. 特定の入金方法を指定する
 c. 入金方法の検証
 2. 顧客銀行口座のデフォルティングおよび検証基準
     a.  11.5 から12の変更点
     b. 銀行口座のデフォルティング方法
     c. 銀行口座の検証
 3. 一般的なエラーおよび例外のトラブルシューティング
     a. 自動インボイス例外レポートを参照する
     b. エラーとなった取引を確認する
         i. インターフェース明細画面
         ii. 診断ツールのInterface Data Collection Scriptsで RA_CUSTOMER_TRX_LINES_ALLのデータを確認する
     c. 入金方法は「手動」でない場合は、銀行口座が定義されているかを確認する
     d.  自動インボイスのデフォルティングのソース・コードが最新かを確認する
     e. 既知のエラーおよび原因
 4. クレジット・カードの統合
      a. 11i: 手動で銀行口座を登録する場合と、クレジット・カードを使用する場合(org_idはnull)

      b.無効な支払方法ID (RECEIPT_METHOD_ID) (0)
     c. 指定した顧客銀行口座(CUSTOMER_BANK_ACCOUNT_ID)は、 有効である必要があります。
      d. 入金方法が不要にもかかわらずデフォルトされてしまう

      e. 請求が別のユーザーにロックされているため、 クレジット・メモを消し込めません。 あとでやり直してください。

 5. その他のご質問に関して
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.