My Oracle Support Banner

Receivablesでの自動会計の設定 [Video] (Doc ID 1583660.1)

Last updated on MAY 07, 2019

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 12.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Executable:RAXTRX - Autoinvoice Import Program


目的

Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center > AutoInvoice Setup for Release 12: A Case Study Using a Simple Script > Note 1069052.1

Oracle Receivables (AR): Transactions Workbench Information Center > Note 1069052.1

このノートは、自動会計のセットアップの概要を記述します。:

自動会計は、GL会計フレックスフィールドとともに利用されます。Oracle ReceivablesでGL勘定科目のセグメント値(会社、アカウント、部門のような)を導き出すことに使用されます。手動または自動インボイスによって取引を作成するときに自動会計は呼ばれます。それは、請求書、クレジットメモとデビットメモのために使用します。

このノートは、解説の目的のために一つ以上のビデオファイルを含みます。ビデオファイルを見るために、あなたは、フラッシュプラグインを使用しているInternet ExplorerかFirefoxでそれを再生する必要があります。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 1. 自動会計で設定できる勘定科目
 2. 自動会計のソース
    a.請求先サイト
    b.名宛人サイト
    c. 送金先銀行
    d. 営業担当
    e. 標準明細
       i. システム品目のため
       ii. 標準メモ明細のため
    f. 税金
    g. 取引タイプ
 3. 自動会計の設定
 4. 自動会計によって組み立てられる会計フレックスフィールドセグメントの検証
 5.トラブルシューティング
 6. 他に質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.