My Oracle Support Banner

自動インボイスの税金問題についてのトラブルシューティング R12 E-Business Tax (EBTax) (Doc ID 1588917.1)

Last updated on SEPTEMBER 09, 2019

適用範囲:

Oracle E-Business Tax - バージョン 12.0 から 12.1 [リリース 12.0 から 12.1]
Oracle Receivables - バージョン 12.0.0 から 12.1 [リリース 12.0 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
EXECUTABLE:RAXTRX - Autoinvoice Import Program
EXECUTABLE:RAXMTR - Autoinvoice Master Program


目的

Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center >Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 > Note 745968.1


このドキュメントは自動インボイスをとおして、請求書の税金行の作成および計算についての問題を診断することを目的とします。

これは<Note 1075757.1>, Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 と一緒に使用することを意図します。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 1. 自動インボイスの概要
 2. どのように税計算するか
 3. デバッグの生成トピック
 4. 手動税明細行のインポートとデバッグ
 5. eBusiness税金エンジンによって計算される税金のデバッグ
     a.AR取引ワークベンチで再現を試行
     b. 税金デバッグログを取得
     c. 共通して遭遇する問題のリストをチェック
 6. 会社間の税金
 7. 社内営業受注
 8. ERROR: from eBusiness Tax - return code = 2で自動インボイスが終了
 9. If AutoInvoice Ends With A Message In The Exception Report:
 10. 自動インボイスが正常に完了するが税金は生成されない
 11. インターフェース明細画面を通して税金明細を修正する際にエラーが発生
 12. 他に質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.