My Oracle Support Banner

自動インボイスのトラブルシューティング:日付の導出: GL日付,取引日,支払期日,出荷日,請求日,会計基準日 (Doc ID 1590296.1)

Last updated on FEBRUARY 25, 2019

適用範囲:

Oracle Order Management - バージョン 11.5.1 以降
Oracle Receivables - バージョン 11.5.10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center >Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 > Note 201241.1


このノートの目的は処理中にGL日付と取引日を導き出すために自動インボイスによって使用されるロジックについて明瞭な説明を提供することです。

これはあなたの意図せぬ日付になる理由をあなたが理解するのを支援することを目的にします。導入時に意図する日付がデフォルトされるように設定する際に使用できます。

このノートは、以下の2つのNoteとともに使用されるべきです:
Note 1067402.1, AutoInvoice Setup for Release 12: A Case Study Using a Simple Script
Note 1075757.1, Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12

NOTE: In the images below and/or the attached document, user details / company name / address / email / telephone number represent a fictitious sample (based upon made up data used in the Oracle Demo Vision instance).
Any similarity to actual persons, living or dead, is purely coincidental and not intended in any manner.

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center >Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 > Note 201241.1
トラブルシューティングの手順
 1. 自動インボイスの導出日付:  どのように動作するか
 2. GL記帳日
     a. ルールなしの請求書
     b. ルールあり請求書
         i. 前受請求ルール
         ii. 未収請求取引ルール
         iii. 会計基準開始日はどのように導出されるか
     c. クレジットメモ (返品)
     d. クローズド期間のためのGL記帳日処理
     e. 自動インボイスのGL記帳日の検証
 3. 取引日&出荷日
     a. 請求書
     b. クレジットメモ
 4. 請求日 (繰越残高請求書)
 5. 支払期日
 6. 日付の導出に影響を与えるReceivables取引ソースのセットアップ
     a. 取引バッチソースウインドウの導出日付
     b. 取引バッチソースウインドウのクローズ済会計期間のGL記帳日のセットアップで修正
 7. 自動インボイス実行処刑/検証レポートの日付エラーと解決のための設定
 8. 自動インボイスの導出日付の既知の問題と修正
 9.  ブラジルの取引とGL日付の導出

 10. 他に質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.