My Oracle Support Banner

R12 : 仮締め後、減損プレビューを行うと上書きデータのステータスが転記済となっている (Doc ID 1593090.1)

Last updated on FEBRUARY 22, 2019

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1 から 12.1.3 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

仮締め後、減損プレビューを行うと自動で減価償却ロールバックが実施されるが、
上書きデータがステータス「転記済」のままとなってしまいます。

望まれる動作
-----------------------
減損プレビューを行っても上書きデータがステータス「転記」に戻るようにする。

再現手順:

  1. 資産登録 ***** 2012/03
      ==========================================
      取得価額        : 2246081
      年償却累計      : 253030
      償却累計額      : 983957
      事業供用日      : 2009/02/09
      償却方法        : JP-250DB 15 (0.167)
      残存価額        : 0 (0%)
      償却限度        : 1
      =========================================
  2. 以下の上書きデータを用意。
     
    期間 減価償却 ボーナス償却 使用 ステータス
    2012/03 0 0 減価償却 転記
  3. 2012/03を期間クローズせずに、償却計算を実施(仮締め)。

  4. 減損のプレービューを実施。
    ->自動で減価償却ロールバックが実施されるが、Step2.の上書きデータが、ステータス「転記済」のままとなる。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.