My Oracle Support Banner

What-If 分析において複数配分を持つ資産の拡張減価償却費が不正に計算される (Doc ID 1596163.1)

Last updated on FEBRUARY 22, 2019

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 11.5.10.2 から 12.1.3 [リリース 11.5 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Extended Depreciation
Multi-Distributed

現象

 複数配分を使用した資産に対して不正な拡張減価償却費がWhat-If 減価償却レポートに表示される現象が発生します。

例:


 1. 資産追加***** 2013-03(MAR-12)

資産台帳 FA_BOOK
資産番号 FA_BOOK_01
取得価額 100000
年償却累計 0
償却累計額 0
事業供用日 01-APR-2006
償却方法 JP-STL 3YR
残存価額 10%
償却限度 95%

 
 2. 振替 ***** 2013-04(APR-13)

変更単位 単位 減価償却勘定 事業所
-1 1 10.100.10.E1011.0000 13.13103
.5 .5 10.100.10.E1000.0000 13.13103
.5 .5 10.100.10.E1005.0000 13.13103


 3. What-If 分析 ***** 2013-04(APR-13)
  ===================================

 台帳 : FA_BOOK 通貨 : JPY 開始期間 : MAR-12 期間数 : 10 資産番号 : FA_BOOK_01 全償却資産分析 : チェックオン 拡張償却の計算 : チェックオン



   What-If 減価償却レポート
   ============================
            会計    減価償却費                              新規
   期間名   年度    勘定           取得価額    減価償却     減価償却
   -------- ------- -------------  ---------   ------------ ------------
   MAR-12   2012    10.100.10.E10  100,000     95,000       95,000
   APR-13   2013    10.100.10.E10   50,000         83           83 <- 不正
   APR-13   2013    10.100.10.E10   50,000         83           83 <- 不正
   MAY-13   2013    10.100.10.E10   50,000         83           83 <- 不正
   MAY-13   2013    10.100.10.E10   50,000         83           83 <- 不正


該当の資産は、0.5 units 毎に分けているため、拡張減価償却費は 42 もしくは 41 になるべきです。
しかしながら、What-If 減価償却レポート の 拡張減価償却費は、83 として計算されています。

<< 計算されるべき拡張減価償却費 >>
 1.0 units = ( 5,000 JPY - 1 JPY ) / 5YR      =  83.31666666666 JPY
 0.5 units =  83.31666666666 JPY  * 0.5 unit  =  41.65833333333 JPY

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
 質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.