My Oracle Support Banner

ARLPLB - ロックボックスの検証ロジックでパフォーマンス問題(arp_lockbox_hook_pvt.proc_after_validation) (Doc ID 1602067.1)

Last updated on FEBRUARY 28, 2018

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 12.0.4 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

Executable:ARLPLB - Process Lockboxes


現象

ロックボックスの検証で、パフォーマンスに問題があります。8900レコードを処理するのに約2時間掛かっています。
ロックボックスでは、明細レベルの入金消込を処理するためにカスタムフックが使用可能な状態です。しかし、このカスタムフックを使用できない状態にすれば、処理時間は5分未満になります。

tkprofファイルに出力された Top SQL:

begin arp_lockbox_hook_pvt . proc_after_validation (
:custom_errbuf:i_custom_errbuf , :custom_retcode:i_custom_retcode ,
:trans_request_id , :insert_records:i_insert_records ) ; EXCEPTION when
others then null ; END ;


call    count  cpu      elapsed    disk       query      current    rows
------- ------ -------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
Parse   1      0.01     0.00       0          0          0          0
Execute 1      5949.76  5840.61    940        3708255    428338     1
Fetch   0      0.00     0.00       0          0          0          0
------- ------ -------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
total   2      5949.77  5840.61    940        3708255    428338     1

このtkprofファイルでは、特にパフォーマンスの悪いSQLは確認できません。

<Note:243755.1> Implementing and Using the PL/SQL Profiler に基づいて、PL/SQl Profiler を実行すると、Top PL/SQLとして以下が表示されます。

Name                 Total Time
ARP_LOCKBOX_HOOK_PVT 18446740674.39
ARP_DEBUG            36893487461.54

このパッケージで最も時間の掛かっている箇所は、以下です。

l_msg_module := SUBSTRB(RTRIM(l_line), 1,
procedure debug( line in varchar2,
IF l_error_flag <> 'T' THEN

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
 1. Bug サマリー
 2. 修正が実装されるファイルバージョン
 3. 適用推奨パッチ
 4. 解決手順
 何か他にご質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.