My Oracle Support Banner

FNDデバッグメッセージの有効化と検索方法について (Doc ID 1608578.1)

Last updated on DECEMBER 03, 2019

適用範囲:

Oracle Trade Management - バージョン 11.5.10 以降
Oracle Receivables - バージョン 11.5.10.0 以降
Oracle Sales Online - バージョン 11.5.10.0 以降
Oracle TeleSales - バージョン 11.5.10.0 以降
Oracle Sales - バージョン 11.5.10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的



 

Oracle applicationは、時々予想外のエラー、無言のエラーまたは任意の他のシステム障害で失敗します。あなたは問題をトラブルシュートするのを手助けする開発のための詳細な情報を手に入れる必要があります。ほとんどの場合、あなたにFNDデバッグログを提供するようお願いします。このNoteではあなたがサポートまたは開発者がSRでレビューするためのFNDデバッグ表からデバッグ情報を収集する手段を説明します。

FNDデバッグ情報はあなたに問題の解決方法を提供するものではないことに注意してください。それは開発者またはサポートが使用するツールです。そして、よりよく、あなたが遭遇したエラーを理解して、アクションプランをあなたに提供するのを手助けします。

 

FNDはデバッグメッセージがFND_LOG_MESSAGES表に保存することを可能にするために11.5.10以降にデバッグ技術を組み入れました。この方法は11.5.10で紹介されました、そして、それはその後のリリースにおいて利用可能です。このNoteはでデバッグメッセージの有効化と取得をおこなう簡単な方法を提供します。

この方法は、特定のlog_sequence値から**すべて**のデバッグメッセージを選択します。それなりに、あなたが特定のコンカレントリクエストまたはユーザーに関連するデバッグメッセージを取り出すのに苦労しているとき、それは特に役に立ちます。 しかしながら、複数ユーザがいろいろなプロセスを実行してFNDデバッギングを可能にしているならば、あなたは彼らの活動に関係しているデバッグメッセージに選択して終わることができます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.