My Oracle Support Banner

ZX: 決定要素区分が英数字となる税金条件セットの演算子「範囲」がうまく、動作しません (Doc ID 1609241.1)

Last updated on DECEMBER 04, 2019

適用範囲:

Oracle E-Business Tax - バージョン 12.0.0 から 12.1.3 [リリース 12.0 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
ZxConditionGroupCreatePG Tax Condition Sets creation Page


目的

 税金条件セットを作成する際に、範囲:至 の値を表示させると、"範囲:至"に値が表示されないのはなぜでしょうか。

シナリオ:

 ユーザーが、区分クオリファイアに英数字の値を持つような決定要素を持つ税金決定要素に基づいて税金条件セットを作成しようとしているとき
 演算子「範囲」を用いると、値/範囲:自には、正しい値が表示されますが、
 範囲:至においては、値が表示されず、LOVにも何も表示されなくなります。

 例 :
    決定要素区分が「地理」の際に、演算子「範囲」を指定すると、範囲:至のLOVに値が表示されない

ですが、ユーザーが、決定要素区分「会計」を選択した場合には、演算子「範囲」を使用して、"範囲:至"のLOVに値が表示されます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.