My Oracle Support Banner

イベント基準の収益管理の理解とトラブルシューティング (Doc ID 1613024.1)

Last updated on MAY 07, 2014

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 12.0.1 から 12.1.1 [リリース 12.0 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Executable:RAXMTR - 自動インボイスマスタープログラム
Executable:RAXTRX - 自動インボイスインポートプログラム
Executable:ARREVSWP - 偶発収益アナライザ
ConcurrentProgram:ARVRVMGX - 収益管理例外レポート


目的

Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center > Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 > Note 1130963.1

Oracle Receivables (AR): Transactions Workbench Information Center > Note 1130963.1

Oracle Receivablesは請求書の収益を認識するための方法を複数提供します。:

このNoteではReceivablesのイベント基準の収益管理に焦点を合わせます。

このメソットがこのNoteの焦点です。イベント基準の収益管理が請求書(デビットメモでないまたはクレジットメモでない)に対してだけあでる点に注意してください
ここで提供される情報は、イベント基準の収益管理の概要、必須のセットアップ、および実行方法とトラブルシューティングの情報です。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 1. イベント基準の収益管理の概要
 2. 必要のセットアップ
    a. 収益ポリシー
    b. 偶発収益
         i. 偶発収益を作成
         ii. 偶発収益の割当
    c. イベント基準の収益管理の有効化
    d. 偶発収益アナライザによる偶発のモニタリング
 3. 取引ワークベンチでのイベント基準の収益管理の使用
 4. 自動インボイスでのイベント基準の収益管理の使用
    a. 例 #1: シードのExtended Payment Term偶発を使った請求書のインタフェースデータ。
    b. 例 #2: イベント属性を使うユーザー定義の失効日偶発のための請求書インタフェースデータ
    c. 例 #3: イベント属性を使わないシードの偶発失効のための請求書のインタフェースデータ
 5. 基礎テーブル、シードデータおよびコード
    a.テーブル
    b. シードされた偶発および削除イベント
    c. イベント基準収益の認識のコード
 6. イベント基準の収益管理のいろいろなセットアップ例
 7. トラブルシューティング
    a. 繰延収益監査追跡レポートと収益管理例外レポートの欠損データ
    b. 予想外の繰り延べ収益の請求書
    c. Passing data in AR_INTERFACE_CONTS_ALL causes Validation errors
    d. 払い戻しのためのAR_INTERFACE_CONTS_ALLでデータを渡しても、偶発を作成しません
 8. パッチ
 9. 他に質問はありますか?
 他に質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.