My Oracle Support Banner

R12: 同じ期間に複数回振替した場合、意図した減価償却費の振替がなされない (Doc ID 1613648.1)

Last updated on AUGUST 25, 2020

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

R12において、減価償却費の勘定科目を過去日を指定して振替した際に、過去の仕訳(振替日が当期の減価償却費分)が振替されない場合があります。


<<例>>
  減価償却費の勘定科目 A を 勘定科目 B に現在日付で振替ます。
  同じ期間に、減価償却費の勘定科目 B から 勘定科目 C に過去日付を用いて振替ます。

<<手順>>
1.  2013-04(APR-13) *** 資産登録


2.  2013-05(MAY-13) *** 振替
    減価償却費の勘定科目を勘定科目 A から 勘定科目 B に振替します。

    振替日     :  2013-05-31 (当期間)
    減価償却費 :  A (XX.XXX.XX.YYYYY.XXXX) => B (XX.XXX.XX.ZZZZZ.XXXX)
                       CCID  : A (345058)  => B (278062)


3.  2013-05(MAY-13) *** 振替
    減価償却費の勘定科目を勘定科目 B から 勘定科目 C に振替日を過去日に指定して振替ます。

    振替日     :  2013-04-01  (前月)
    減価償却費 :  B (XX.XXX.XX.ZZZZZ.XXXX) => C (XX.XXX.XX.WWWWW.XXXX)
                       CCID  : B (278062)  => C(125069)  


4.  2013-05(MAY-13) *** 仮締め


5.  会計の作成 - 資産
    減価償却費の勘定科目 A が使用されますが, この勘定科目は振替されていません。

<<仕訳>>
 Dr. CCID(345059)  100,000  --- 資産追加
 Dr. CCID A (345058)    2,778  --- 減価償却費 A  <= 振替されません。
 Dr. CCID C (125069)    2,778  --- 減価償却費 C
        Cr. CCID(345060)  100,000    --- 資産精算勘定
        Cr. CCID(345061)   2,778 * 2 --- 償却累計額

 

NOTE:
勘定科目 A から勘定科目 C を直接過去日付を用いて振替した場合は、過去の減価償却費が振替されます。

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.