My Oracle Support Banner

R12: 拡張減価償却を実施した資産を再稼働すると、データ不正が発生してしまう (Doc ID 1617991.1)

Last updated on AUGUST 25, 2020

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1 から 12.1.3 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

拡張減価償却を実施した資産を再稼働すると、データ不正が発生してしまう現象が報告されています。

この問題は、以下を満たす場合に発生します。
 ================================
  A. 拡張減価償却を実行する際に、過去年度を指定して実施している
  B. 拡張減価償却の取消を既に実施している
  C. 再稼働の前に部分除売却を実施している

例:

  1. 資産追加 ***** 2012-03(MAR-11)
     
    資産台帳 FA_CORP_BOOK
    Asset ID 123456
    Book Class CORPORATE
    資産番号 123456
    取得価額 2090000
    年償却累計 0
    償却累計額 2089000
    事業供用日 25-JUN-1996
    償却方法 JP-DB 7YR
    残存価額 10%
    償却限度 1000 JPY

     

  2. 拡張減価償却の実行 ***** 2013-04(APR-13)
     
    資産番号 123456
    拡張減価償却の使用 Yes
    第1期間 APR-12  <= 過年度を指定

     

  3. 拡張減価償却の取消 ***** 2013-04(APR-13)
     
  4. 当月按分を用いた部分除売却 ***** 2013-05(MAY-13)
     
    除・売却日 31-MAY-2013
    ステータス PROCESSED
    除・売却取得価額 500000
    売却価額 0
    撤去費用 0
    除・売却年度償却 FA_M ( 当月按分 )

     

  5. 再稼働 ***** 2013-05(MAY-13)
    FA_BOOKS
     
    COST ADJUSTED_COST ADJUSTED_RECOVERABLE_COST ALLOWED_DEPRN_LIMIT_AMOUNT EOFY_RESERVE
    2090000 -208000 2089000 1000 2089000
    2090000 999 2089999 1 2089000
    2090000 -208000 2089000 1000 2089000
    1590000 -158239 1589000 1000 1589239
    2090000 * 1881000 * 2088000 * 2000 * 2088000

    再稼働後、FA_BOOKS.ADJUSTED_COST、 ADJUSTED_RECOVERABLE_COST、 ALLOWED_DEPRN_LIMIT_AMOUNT および EOFY_RESERVE が不正な結果となります。

    拡張減価償却の移行および取消が除・売却と同じ年度に実行されていた場合、この処理は通常資産と同様のロジックで処理されています。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
 質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.