My Oracle Support Banner

WIP_MOVE_TXN_INTERFACE 保留移動取引の一般的なエラーおよび考えられる原因と処理をすすめるための対応策について (Doc ID 1618428.1)

Last updated on DECEMBER 03, 2019

適用範囲:

Oracle Work in Process - バージョン 11.5.10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

保留移動取引のいくつかの一般的なエラーと、考えられる原因、および処理を進めるための対応策について解説します。
 

保留取引でエラーとなった行を特定するスクリプト:

以下に記載されているエラーに対する対応策とは別に、移動取引パッチ:5038886 の適用が推奨されています。このパッチは移動取引にかかわるいくつかの重大な問題の修正を含んでいます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 エラー1: この製造オーダーにはチャージできません。
 エラー2: 入力した日付に対するオープン期間がありません。
 
エラー3: 取引数量が製造オーダー、 ライン型生産ライン/組立または組織の過剰完了許容設定を超過しています。
 エラー4: 取引数量 は 移動可 以下でなければなりません。
 
 エラー5: TRANSACTION_ID は無効です。 再入力してください
 
エラー6: 数量は0(ゼロ)より大きくなければなりません。
 
エラー7: 同じ工程およびステップの中では組立品を移動できません。 原因:1つの工程と工程内ステップの中で製造現場移動を実行しようとしました。 組立品を移動できるのは、 別々の工程間、 または同じ工程の異なるステップ間だけです。
 エラー8: PRIMARY_QUANTITY の値が TRANSACTION_QUANTITY の値に対応していないか、 TRANSACTION_QUANTITY の値が特定されていません。  PRIMARY_QUANTITY か TRANSACTION_QUANTITY を変更してください。
 
エラー9: WIP_BATCH_MOVE_ERROR
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.