My Oracle Support Banner

Oracle Internet Directory (OID) および Oracle Access Manager (OAM)と E-Business Suiteの連携に関するトラブルシューティング- パート 1 OID (Doc ID 1629293.1)

Last updated on MARCH 12, 2021

適用範囲:

Oracle E-Business Suite Technology Stack - バージョン 11.5.10.2 から 12.2 [リリース 11.5.10 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

 OAMとOID 11.1.5 と 11.5.10.2、12.0.6、12.1 および 12.2 を連携しているEBS環境に対するトラブル・シューティング

 注: R12.0 及び R12.1 の"アプリケーション診断"職責の記述以外は、R12.2.x にも該当し、検証環境等で検証することができます。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 OAM および OID の事象に対する診断
 1:- ユーザー情報の伝搬、権限、認証、ユーザーのデータに関する事象(OID)
 2:- OAM の設定に関する事象
 調査の開始
 診断 (OID)
  OID プロビジョニングに関する設定の確認
 上記のすべての確認が問題なく完了した場合に、次に実施すべき確認は?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.