My Oracle Support Banner

自動インボイスと取引ワークベンチで使用される取引ソースの作成方法 [Video] (Doc ID 1632106.1)

Last updated on APRIL 24, 2019

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 11.5.10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Executable:RAXTRX - Autoinvoice Import Program
Form:ARXTWMAI.FMB - Transactions
Form:RAXSUMSC.FMB - Define Invoice Sources


目的

Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center > AutoInvoice Setup for Release 12: A Case Study Using a Simple Script > Note 1068008.1
Oracle Receivables (AR): Transactions Workbench Information Center > Note 1068008.1

このNOTEは、取引ソース(取引バッチソースともいわれます)の概要について記載しています。

具体的には、自動インボイスインターフェーステーブルで使用されるバッチソースの作成方法を記載しています。ケーススタディに関しては、Note 1067402.1をご参照ください。

Note 1067402.1 AutoInvoice Setup for Release 12: A Case Study using a Simple Script

このNOTEには、説明資料としてvideoが含まれています。videoファイルを見るためには、Flash Pluginが使用されたInternet ExplorerかFirefoxを使用してください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center > AutoInvoice Setup for Release 12: A Case Study Using a Simple Script > Note 1068008.1
 Oracle Receivables (AR): Transactions Workbench Information Center > Note 1068008.1
解決策
 1. 取引ソースの概要
 2. 自動インボイスで使用する取引ソースの作成
 
 3. 取引ワークベンチで使用する取引ソースの作成
 その他ご質問がある場合:
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.