My Oracle Support Banner

ARと同数でGLの仕訳明細を作成するSLAの設定方法 (Doc ID 1666122.1)

Last updated on DECEMBER 03, 2019

適用範囲:

Oracle General Ledger - バージョン 12.0 以降
Oracle Receivables - バージョン 12.0.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Checked for Relevance on May-15-2013
ARACCPB Submit Accounting
XLAACCPB Create Accounting
XLAACCUP Accounting Program
XLAGLTRN Transfer Journal Entries to GL


目的

ユーザが補助元帳のReceivables(AR)からGLまでデータを転送するとき、データは、ネット借方/貸方を合計して転送されます。
GLの仕訳行 (GL_JE_LINES) の数がARに存在するものより少ないです。
システムは借方貸方を相殺して、勘定科目で合算した借方/貸方で転送します。
同じことは、リリース11iの中で正常に動作してます。
ARからすべての明細がSLA/GLに転送されるように、セットアップするにはどうすればよいですか?

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.