My Oracle Support Banner

POASLGEN: '包括購買契約からのソース・ルールとASLの生成' が取消されたBPA明細を処理しない (Doc ID 1669727.1)

Last updated on AUGUST 06, 2020

適用範囲:

Oracle Purchasing - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

 英語版はこちら

ACTUAL BEHAVIOR
---------------
ASLのソース文書になっている包括購買契約明細を取消し、 「包括購買契約からのソース・ルールとASLの生成」コンカレント・プログラムを実行しても
ASLに反映されない。

EXPECTED BEHAVIOR
-----------------------
ASLから、取消済の包括購買契約明細が削除され、有効な明細が追加される

STEPS
-----------------------
1. 包括購買契約を作成し、明細1を入力
2. 「包括購買契約からのソース・ルールとASLの生成」コンカレント・プログラムを実行
3. ASLを確認
  ==> 明細1がソース文書として登録されている
4. 包括購買契約の明細1を取消
5. 包括購買契約に、明細1と同じ品目で明細2を追加
6. 包括購買契約を承認
7. 「包括購買契約からのソース・ルールとASLの生成」コンカレント・プログラムを実行
8. ASLを確認
  ==> ソース文書が明細1のままで明細2になっていない

BUSINESS IMPACT
-----------------------
購買依頼、発注文書の作成時に正しいソース文書が導出されない

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.