My Oracle Support Banner

税務台帳にて会計の作成を行うと、除・売却に対する貸借不一致の仕訳が発生 (Doc ID 1673024.1)

Last updated on FEBRUARY 24, 2020

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

定期的一括コピー経由で、税務台帳に除・売却をコピーしたあと、「会計の資産 - 資産」を実行すると、
除・売却に仕訳が貸借不一致となります。
また、除・売却純帳簿価額の金額が除・売却仕訳にないために発生します。

エラー
-----------------------
補助元帳仕訳が入力した通貨で貸借一致していません。 仕訳明細上の入力金額を確認してください。


-----------------------
0.税務台帳に、代替元帳を設定します。
1.資産登録 *** Dec-2013
    (会計台帳)
    取得価額           : 7958.72
    年償却累計額       : 0
    償却累計額         : 0
    償却方法           : STL (120 か月)
    事業供用日         : 07-JUN-2013
    残存価額           : 0 (0 %)
    償却限度額         :

2.税務台帳に資産を追加するため、定期的一括コピー を実施します。
3.資産の修正 *** Dec-2013
    (税務台帳)
    取得価額           : 7958.72 -----> 7958.66

4.全部除・売却    *** Jan-2014
    (会計台帳)
    除・売却日         : 31-JAN-2014
    除・売却取得価額   : 7958.72
    R除・売却年度償却  : 翌月按分

    売却価額           : 0
    撤去費用           : 0

5.税務台帳に除・売却をコピーするため、定期的一括コピー を実施します。
6.税務台帳に関連する補助元帳に対して、会計の作成 - 資産を実施します。




変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.