My Oracle Support Banner

自動インボイスでRA_INTERFACE_DISTRIBUTIONS_ALLを使用して配分行をインポートする方法とトラブルシュート (Doc ID 1674855.1)

Last updated on APRIL 20, 2016

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 11.5.10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Executable:RAXTRX - Autoinvoice Import Program
checked for relevance 03-Apr-2013

目的

Oracle Receivables (AR): AutoInvoice Information Center >Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12 > Note 1228525.1


このノートの目的は、請求書配分行をどのように自動インボイスに渡すかについて説明して、取引をインポートするとき、起こり得る問題をトラブルシュートするために必要なステップを検討することです。

このノートは、以下の2つのノートとともに使用します:
Note 1067402.1, AutoInvoice Setup for Release 12: A Case Study Using a Simple Script
Note 1075757.1, Troubleshooting AutoInvoice for Oracle Receivables Release 11.5 Through 12

ケーススタディは、あなたが使えるデータを作成するスクリプトのサンプルを含みます。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 1. 請求書配分を作成するためオプション
 2.  カラムと検証
 3. サンプルスクリプト
 4. トラブルシューティング
      a. 自動インボイスが指定した配分行ではなく自動会計を使用します。
      b. arp_rounding.correct_dist_rounding_errors() の呼び出しエラー
      c. バッチ・ソースで比率を入力するよう指示された場合、  配分率を入力しなければなりません (Must Supply A Distribution Percentage When Batch Source Indicates)
      d. 取引明細1件の配分率合計は、 勘定科目区分ごとに100にならなければなりません (The total distribution percent for a transaction line must be 100 for each account class)
      e. You Must Supply A Unique Id For Your (Chart Of Accounts)
 5. 何が質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.