My Oracle Support Banner

資材取引インターフェースでエラー終了するデータがMTL_TRANSACTIONS_INTERFACEから削除される(KROWN:130900) (Doc ID 1744277.1)

Last updated on MAY 12, 2020

適用範囲:

Oracle Inventory Management - バージョン 11.5.9 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

 資材取引インターフェース(MTL_TRANSACTIONS_INTERFACE)にデータを投入し、
取引インターフェースの処理、および在庫取引ワーカーにて処理を行った場合、
MTL_MATERIAL_TRANSACTIONSにデータが入らず、またMTL_TRANSACTIONS_INTERFACEにも
エラーデータが残らない場合があります。

例:
1.MTL_TRANSACTIONS_INTERFACEに200件のデータを投入
2.取引インターフェースの処理、および在庫取引ワーカーが終了
3.MTL_MATERIAL_TRANSACTIONSを確認すると、120件のデータが反映されている。
4.MTL_TRANSACTIONS_INTERFACEを確認すると、5件のデータがエラー終了として残っている。
  (ERROR_EXPLANATION列にエラーの原因が書き込まれている)

元データ200件-(成功120件+エラー終了5件)=75件のデータがどこにも確認できません。
本KROWNでは、本問題が発生する原因と対処策について解説します。


[対象リリース]
11.5.9, 11.5.10


[起こりうる条件]
1.以下のファイルが記載のバージョン未満の場合に発生します。

11.5.9の場合
  TrxUtil.java         115.20.1159.36
  BaseTransaction.java 115.170.11590.108

11.5.10の場合
  TrxUtil.java         115.38.115100.14
  BaseTransaction.java 115.235.115100.33

2.MTL_TRANSACTIONS_INTERFACEにエラー終了となるデータが多数含まれている場合に発生します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.