My Oracle Support Banner

Oracle Applications にて使用されているマテリアライズドビューの管理について(KROWN:149041) (Doc ID 1753267.1)

Last updated on DECEMBER 03, 2019

適用範囲:

Oracle Product Hub - バージョン 11.5.10.0 以降
Oracle Advanced Planning Command Center - バージョン 11.5.10 以降
Oracle Inventory Management - バージョン 11.5.10 以降
Oracle Engineering - バージョン 11.5.10.0 以降
Oracle Bills of Material - バージョン 11.5.10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

[概要]
本KROWNでは、Oracle Applications にて使用されているマテリアライズドビューについて、解説します。

Oracle Applications では、主に、VCP Application や、Daily Business Intelligenceモジュールにより、
マテリアライズドビューを用いています。本KROWNでは、マテリアライズドビューの基本、およびOracle
Applications における管理の方法について、記載します。

  1. 基本用語
  2. Oracle Applications にて使用されているマテリアライズドビューおよびリフレッシュの実行について
  3. マテリアライズドビュー、MLOG表の例
  4. MLOGに関連するマテリアライズドビュー、マスター表の確認方法
  5. MLOG管理の方法について


[対象リリース]
R11i、R12

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.