My Oracle Support Banner

[EBS]強化されたJARファイルの署名手順(KROWN:166886) (Doc ID 1768871.1)

Last updated on MARCH 30, 2020

適用範囲:

Oracle Application Object Library - バージョン 12.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

 [概要]
本文書では、JREのセキュリティ強化に伴って必要になった、JARファイルの署名を導入する手順に
関して説明します。本文書にて、ORACLE_HOMEや、Pathに参照されるパスは、Unix系の観点から
書かれています。Windowsを利用するお客様は、このようなコマンドを適当にWindowsのOSに応じて
変換してください。

例:$APPL_TOPを使用する場合、%APPL_TOP%に変換する必要となります。

なお、本文書は Note:1591073.1 を元に作成しています。最新の情報は Note:1591073.1を確認して下さい。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.