My Oracle Support Banner

退職処理の登録でAPP-PAY-6153エラーが発生する (Doc ID 1906891.1)

Last updated on JULY 07, 2020

適用範囲:

Oracle Human Resources - バージョン 11.5.10.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

エレメント・エントリで期間が重複する不整合データがある状態で、最終処理日を登録するとAPP-PAY-06153エラーが発生します。

APP-PAY-06153:システム・エラー:ステップ 2のプロシージャ 
hr_entry_api.delete_element_entry

原因:プロシージャ hr_entry_api.delete_element_entry は、ステップ
2でエラーを作成しました。

処置:システム管理者に連絡して、プロシージャ
hr_entry_api.delete_element_entry とステップ 2 を伝えてください。

 


発生条件
-----------------------
- 複数入力不可のエレメントが重複した期間にエントリされている状態であること。
- 最終処理日を登録すること。(退職者の最終処理日を登録もしくは変更するか、従業員の退職処理を行う際に最終処理日を登録する。)
- 登録する最終処理日が不整合エントリの開始日と同日もしくは後の日付であること。



手順
-----------------------
下記はエラーの発生する手順の一例です。

前提: エレメント・エントリにデータの不整合のあるアサイメントの最終処理日を登録します。(複数入力不可のエレメントが重複した期間にエントリされている状態)

   [PAY_ELEMENT_ENTRIES_F表]

   ELEMENT_ENTRY_ID EFFECTIVE_START_DATE EFFECTIVE_END_DATE
   ---------------- -------------------- ------------------
             154811              2000/01/01            4712/12/31
             154811              2014/01/01            4712/12/31

 

1. 従業員の退職画面で最終処理に「2014/01/01」を登録し、保存します。

2. APP-PAY-06153エラーが発生します。

 

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.