My Oracle Support Banner

R12 E-Business Tax (EBtax)での税分類コードの設定とトラブルシュートと税務処理基準での使い方 (Doc ID 1912897.1)

Last updated on SEPTEMBER 09, 2019

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 12.0.0 から 12.1 [リリース 12.0 から 12.1]
Oracle E-Business Tax - バージョン 12.0 から 12.1 [リリース 12.0 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Checked for relevance on 21-DEC-2012

目的

E-Business Tax (EBTax) Information Center > Rules > How Tax Determining Factors Work in R12 E-Business Tax  > Note 801535.1

このノートは、R12 E-Business TAXでユーザーが取引明細行の上で税計算のために税率を選択することが出来るように設定するにはどうすればよいかを説明します。これは税グループ機能を再現しようとはしていないが、VAT税計算のために一般に普及している11i税金計算法を軽く反映させます。

アップグレードされたセットアップのためだけに税グループはサポートされます。 <Note 738000.1> Can I Create a Tax Group in R12 E-Business Tax? を参照してください。

 

NOTE: In the images below and/or the attached document, user details / company name / address / email / telephone number represent a fictitious sample (based upon made up data used in the Oracle Demo Vision instance).  Any similarity to actual persons, living or dead, is purely coincidental and not intended in any manner.

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 1. 税分類コードとは何ですか?
 2. 決定要素とは何ですか?
 3. 税制、税金、税金ステータスを作成
 4. デフォルトルールの設定
 5. 税率の決定の作成
 6. 税分類コードを使用しているルールの追加例
 7. 推奨する重要パッチ
 8. トラブルシューティングの基本
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.