My Oracle Support Banner

R12 残余予算チェックで勘定科目をSYSDATEで検証して「当会計フレックスフィールドは無効または有効日を過ぎています」エラーが発生 (Doc ID 1915815.1)

Last updated on FEBRUARY 26, 2019

適用範囲:

Oracle General Ledger - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

On : 12.1.3 version, Posting

勘定科目に終了日を設定している仕訳を転記すると、以下のエラーが発生します。

ERROR
-----------------------
当会計フレックスフィールドは無効または有効日を過ぎています

仕訳の有効日より新しい日付を終了日に設定しています。

STEPS
-----------------------
この現象は以下の手順で発生します。
1. GLコード組合せの終了日に「2013/07/31」を設定して無効にします。
2. 手動の実績GL仕訳をこの無効にしたCCIDで作成します。
3. 仕訳の有効日を「2013/06/30」にします。
4. 現在の日付は「2013/07/08」とします。
5. この仕訳を転記したレポートに「当会計フレックスフィールドは無効または有効日を過ぎています」のエラーが出力されます。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.