My Oracle Support Banner

日本・給与支払報告書Eファイル(PAYJPSPE)で正しい退職者の住所が出力されない (Doc ID 1932613.1)

Last updated on JULY 20, 2015

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1.1 から 12.1 HRMS RUP7 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書ではの概要を記述しています。

現象

事象:

退職者に異なる住所タイプを使用した複数の住所が登録されている場合、住民票住所(JP_R)、現住所(JP_C)の順で出力されるべきところ、
ユーザー定義の住所タイプを使用した住所がコンカレント・プログラム「日本・給与支払報告書Eファイル」のレポート(PDF, XML, CSV)に出力されます。

 

再現手順:

下記の手順で発生します。

  1.  ユーザー定義の住所タイプを登録します。
     HR職責
    (N) その他の定義 > アプリケーション・ユーティリティ参照
    -> タイプ「ADDRESS_TYPE」を検索
    -> 下記のユーザー定義の住所タイプを登録

    コード:XXTYPE
    内容:XXTYPE
    使用可能:チェック

  2.  特別徴収義務者情報を登録します。
    HR職責
    (N) その他の定義 > マスター > 特別徴収義務者番号

  3. 従業員の住所を登録します。
    HR職責
    (N) 個人情報 > 入力および保守 > (B) 住所

    例:

    select address_id, date_from, date_to, address_type,address_line1, address_line2, address_line3
    from per_addresses
    where person_id = 66666;

    ADDRESS_ID DATE_FROM  DATE_TO   ADDRESS_TYPE  ADDRESS_LINE1 ADDRESS_LINE2 ADDRESS_LINE3
    -------------- -------------- ----------- ------------------  ------------------ ------------------- -------------
         11111        2010/01/01   null            JP_C                        千代田区                  1                                 1    <--------住所タイプは「現住所」
         11112        2010/01/01   null            XXTYPE                   千代田区                  2                                 2   <--------住所タイプはユーザー定義の「XXTYPE」

  4. 従業員の退職処理を実施します。

    退職日: 2014/12/31
    最終処理日: 2015/12/31

  5. コンカレント・プログラム「給与計算(給与)」と「日本・帳票用給与データ作成」を実行します。

  6. 退職後の対象年でコンカレント・プログラム「日本・給与支払報告書Eファイル」を実行します。

  7. 作成されるファイル(XML, PDF, CSV)では住所タイプ「XXTYPE」の住所が出力されます。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.