My Oracle Support Banner

R12: AP: 仕入先サイト更新APIで同所在地の他サイトのWHOカラムも更新される (Doc ID 1945411.1)

Last updated on MAY 13, 2019

適用範囲:

Oracle Payables - バージョン 12.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

仕入先サイト更新のAPI (AP_VENDOR_PUB_PKG.Update_Vendor_Site_Public) を利用して、
仕入先サイトの情報(例:税分類コード)を更新する場合、同所在地の他サイトのWHOカラム(表AP_SUPPLIER_SITES_ALL)も更新される事象が発生します。

例:

更新前の ap_supplier_sits_all テーブルデータ:2つのサイトのLAST_UPDATE_DATEが違う

VENDOR_SITE_ID  LAST_UPDATE_DATE      LOCATION_ID  PARTY_SITE_ID  VAT_CODE
-------------------  -------------------------  ---------------  -----------------  ------------
123456                20XX/01/01 12:34:56   987654          999999            (null)
123457                20XX/01/01 23:45:00   987654          999999            (null)

上記の VENDOR_SITE_ID:123456 の仕入先サイトにだけ、税分類コードを「TAX_SAMPLE」に更新した後の ap_supplier_sits_all テーブルデータ:

2つサイトのLAST_UPDATE_DATEが同じように更新される事象が発生します。

VENDOR_SITE_ID  LAST_UPDATE_DATE      LOCATION_ID  PARTY_SITE_ID  VAT_CODE
-------------------  -------------------------  ---------------  -----------------  ------------
123456                20XX/01/02 22:22:22   987654          999999            TAX_SAMPLE
123457                20XX/01/02 22:22:22   987654          999999            (null)

期待される動作:

更新対象仕入先サイトのWHOカラムだけが更新されること

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.