My Oracle Support Banner

R12: AP:請求書をキャンセルした後、配分のステータスが不正 (Doc ID 1956777.1)

Last updated on NOVEMBER 11, 2019

適用範囲:

Oracle Payables - バージョン 12.1.1 から 12.1.3 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

請求書をキャンセルした後、配分のステータスが不正となります。

下記の手順にて再現できます。
1. 請求書ヘッダ部分を入力し、金額はこの時点では0を入れておきます。
2. 請求書ラインを入力し、税金を計算します。
3. 支払予定タブへ移動し、支払期日を未来の日付に変更します。
4. ヘッダの請求書金額に値をセットします。
   明細タブをクリックするとAPP-SQLAP-10237、APP-SQLAP-10108エラーが表示されるので、OKを押します。
5. 処理ボタンをクリックすると、APP-SQLAP-10237エラーが表示されるので、OKを押します。請求書をそのまま取消します。
6. 請求書をキャンセルした後、請求書配分のMatch_Status_Flagが「N」となってしまいます。
7. 新たに請求書を作り、保存します。この時点でXLA_EVENTS テーブルの  Event_status_code が 'I'、process_status_codeが'U' となり、
   不正データとなってしまいます。

 

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.