My Oracle Support Banner

セキュリティ・リストの修正(PERSLM)を全セキュリティ・プロファイルで実行するとカスタム・セキュリティが有効にならない (Doc ID 2006876.1)

Last updated on FEBRUARY 26, 2019

適用範囲:

Oracle Human Resources - バージョン 12.1.3 から 12.1 HRMS RUP8 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書では、の概要を説明しています。

現象

事象:

コンカレント・プログラム「セキュリティ・リストの修正(PERSLM)」をリストの生成「全セキュリティ・プロファイル」で
実行するとカスタム・セキュリティが有効にならない事象が発生します。

 

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1. カスタム・セキュリティを定義します。
    (N) セキュリティ > プロファイル

    名称          :XXセキュリティ
    全レコードの表示  :チェックなし
    従業員の表示    :制限付き
    カスタム・セキュリティ:このプロファイルに表示する個人情報の制限
                 people_group_id in (111,222,333) or pay_basis_id in (444,555)

  2. 従業員を作成し、カスタム・セキュリティで定義していないグループと給与ベースをアサイメントに登録します。

    グループ :666
    給与ベース:777

  3. 「セキュリティ・リストの修正」をリストの生成「全セキュリティ・プロファイル」を指定して実行します。

  4. 上記手順2で作成した従業員がPER_PERSON_LIST表に登録され、セキュリティの設定されていない職責でログインすると
    本来表示されるべきではない従業員の情報が表示されます。

 

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.