My Oracle Support Banner

プロファイル・オプション「FA: しきい値の使用」が「No」の場合に正常動作しないケースがある (Doc ID 2039473.1)

Last updated on MARCH 04, 2019

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.2.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

プロファイル・オプション「FA: しきい値の使用」が「No」に設定されているにもかかわらず、「Yes/Null」に設定されているかのように、不正な動作をします。

再現手順例

Case A
1.  プロファイル・オプション「FA: しきい値の使用」を「No」に設定します

2.  2015-05 *** 資産追加

    取得価額    : 1
    年償却累計   : 0
    償却累計額   : 0
    事業供用日   : 01-APR-2015  <--前期間
    償却方法    : JP-STL 4YR
    残存価額    : 0
    償却限度額   : 0
    償却費計上フラグ: Yes

3.  資産の確認

    取得価額    : 1
    年償却累計   : 1            <--不正な遡及額が発生
    償却累計額   : 1            <--不正な遡及額が発生
    事業供用日   : 01-APR-2015
    償却方法    : JP-STL 4YR
    残存価額    : 0
    償却限度額   : 0
    償却費計上フラグ: Yes


Case B
1.  プロファイル・オプション「FA: しきい値の使用」を「No」に設定します

2.  2015-05 *** 資産追加

    取得価額    : 1
    年償却累計   : 0
    償却累計額   : 0
    事業供用日   : 01-MAY-2015  <--現行期間
    償却方法    : JP-STL 4YR
    残存価額    : 0
    償却限度額   : 0
    償却費計上フラグ: Yes

3.  2015-05 *** 減価償却計算

4.  資産の確認

    取得価額    : 1
    年償却累計   : 1            <--不正な減価償却費が発生
    償却累計額   : 1            <--不正な減価償却費が発生
    事業供用日   : 01-APR-2015
    償却方法    : JP-STL 4YR
    残存価額    : 0
    償却限度額   : 0
    償却費計上フラグ: Yes

現行動作:
不正な遡及額 / 減価償却費、1円が計算されます。純帳簿価額(= 1円)は10円未満です。そのため、「FA: しきい値の使用」が「No」に設定されているにもかかわらず、償却済資産にするために、残りの純帳簿価額(= 1円)が償却費として不正に計上されています。

期待される動作:
たとえ純帳簿価額が10円未満としても、「FA: しきい値の使用」が「No」である場合は、償却済資産とするために残りの純帳簿価額(= 1円)は計上されるべきではありません。


Case C

1.  プロファイル・オプション「FA: しきい値の使用」を「No」に設定します

2.  2015-05 *** 資産追加

    取得価額           : 165
    年償却累計          : 0
    償却累計額          : 157
    事業供用日          : 01-APR-2012
    償却方法           : STL 84(=7 year)
    残存価額           : 0
    償却限度額          : 0
    残り耐用期間での純帳簿価額償却: Yes
    償却開始日          : 01-MAY-2015


2.  2015-05 *** 減価償却費の上書き

    期間    : 2015-05
    減価償却  : 0
    使用    : 減価償却
    ステータス : 転記


3.  2015-06 *** 減損の転記

    使用価値        : 1


4.  減損がエラーで終了:

    当月の減価償却を考慮した純帳簿価額がゼロまたは減損損失よりも小さいため、
    減損は資産 &FA_ASSET_ID に賦課できません。


5.  減損の確認: (N)資産 > 減損 > 作成および転記 - 資産減損ページ:

    使用価値  :  1
    減損損失  : -1


現行動作:
純帳簿価額(8円 = 165-157)は10円未満です。そのため、償却済資産となるように、残りの純帳簿価額(= 8円)が償却費として不正に計上され、償却済資産となり、その結果、純帳簿価額は0円となります。それ故、純帳簿価額を1円へ調整するために、減損損失は-1円と計算されてしまいます。

期待される動作:
たとえ純帳簿価額が10円未満としても、「FA: しきい値の使用」が「No」である場合は、償却済資産とするために残りの純帳簿価額(= 8円)は計上されるべきではありません。

資産減損ページ:
使用価値  :  1
減損損失  :  7  <---正しい値

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
 1. Bug の概要
 2. 修正ファイル
 3. 推奨パッチ
 4. 解決手順
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.