My Oracle Support Banner

What-If分析プログラム : 減損を複数回実施した JP-STL-EXTND 資産が 59ヶ月目で減価償却が終了してしまう (Doc ID 2071473.1)

Last updated on AUGUST 25, 2020

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

What-If分析プログラム にて、減損を複数回実施した JP-STL-EXTND 資産が 59ヶ月目で減価償却が終了してしまう事象が発生します。
JP-STL-EXTND 資産は 60ヶ月目もしくは61ヶ月目で終了しなければなりません。

再現手順

  1. 資産追加 ***** 2012-03(MAR-11)
    資産台帳 : ABC BOOK
    資産番号 : 12345
    取得価額 : 417033
    年償却累計 : 19550
    償却累計額 : 394882
    償却方法 : JP-STL 8YR
    残存価額 : 10%
    残存価額 : 95%

     

  2. 拡張減価償却へ移行 **** 2012-04(APR-12)

  3. 減損処理 **** 2014-03(MAR-13)
    減損日付 : 31-MAR-2014
    減損損失 : 11474

     

  4. 減損処理 **** 2015-04(APR-15)
    減損日付 : 30-APR-2015
    減損損失 : 20

     

  5. What-If分析プログラムを実行 ***** 2015-04(APR-15)
    台帳 : ABC BOOK
    通貨 : JPY
    開始期間 : MAY-15
    期間数 : 30
    資産番号 : 12345
    全償却資産分析 : Yes

    What-If減価償却レポート
    ============================
             会計                 新規
    期間名   年度    減価償却     減価償却
    -------- ------- ------------ ------------
    JAN-17   2016             28           28
    FEB-17   2016             28           28 <= 59ヶ月目
    MAR-17   2016              0            0
    APR-17   2017              0            0



変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.