My Oracle Support Banner

記帳前に販売単価を上書きする場合、価格表の"丸め処理先"の設定に従って販売単価の丸め処理が発生しない (Doc ID 2145615.1)

Last updated on JUNE 05, 2016

適用範囲:

Oracle Advanced Pricing - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

現象
記帳前に販売単価を上書きする場合、価格表の"丸め処理先"の設定に従って販売単価の丸め処理が発生しない

記帳後に販売単価を上書きする場合、価格表の"丸め処理先"の設定に従って販売単価の丸め処理が発生します
記帳前に販売単価を上書きした場合、記帳後も販売単価の丸め処理は発生しません


期待する動作
記帳前に販売単価を上書きする場合でも、価格表の"丸め処理先"の設定に従って販売単価の丸め処理が発生する

手順

設定

QP: 単価精度タイプ = 標準
QP: 価格の端数処理 = NULL
QP: 販売価格端数処理オプション = 個別: = 端数処理(価格表) + 端数処理(調整)
OM: 単価精度タイプ = 拡張

通貨: 精度=0 拡張精度=6
価格表 丸め処理先 = -6

再現手順

  1. 受注明細入力、販売単価を上書きし、1.12345678 に設定
  2. 保存 販売単価 は 1.12345678 のまま(1.123457にならない)
  3. 記帳 販売単価 は 1.12345678 のまま(1.123457にならない)

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.