My Oracle Support Banner

What-If分析レポート: 償却方法がJP-STL の資産において登録年度の年度末期間に仮クローズ状態で実行すると償却費が不正になる (Doc ID 2146110.1)

Last updated on FEBRUARY 24, 2019

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

What-If 分析レポートを年度末期間に、仮締め状態で実行すると、同一年度内に登録した償却方法が JP-STL の資産について計算値が不正になります。
※仮締め状態とは、オープン期間の減価償却費が計算されている状態のことです。

条件

再現手順

*カレンダーは、4月始まりの翌年3月終わりです

1. SEP-16 *** 資産の追加
  取得価額      : 100000
  年償却累計    : 0
  償却累計額    : 0
  事業供用日    : 01-SEP-2016
  償却方法      : JP-STL 3YR
  残存価額      : 0
  償却可能限度額 : 1

2. 減価償却の実行 (期間クローズあり)

3. MAR-17 *** 減価償却の実行 (期間クローズなし)
* 現オープン期間の減価償却費が計算されます

4. MAR-17 *** What-If分析の実行

  Period   Fiscal               New
  Name     Year    Depreciation Depreciation
  -------- ------- ------------ ------------
  MAR-17   2016          22,268       22,268 <---誤り。この値は 2,785 となるべきです
  APR-17   2017           2,783        2,783
  MAY-17   2017           2,783        2,783
  JUN-17   2017           2,783        2,783
  JUL-17   2017           2,783        2,783
  AUG-17   2017           2,783        2,783

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.