My Oracle Support Banner

R12: AP: AP請求書の診断ツール(APList)にて職責IDしか入力できず診断を実行することができない (Doc ID 2157647.1)

Last updated on JANUARY 16, 2018

適用範囲:

Oracle Payables - バージョン 12.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

AP請求書の診断ツール(APList)を実行しようとしても、診断ツールのパラメータ入力画面には職責IDしか入力可能な項目が存在しないため、診断を実行することができません。

手順:
1.アプリケーション診断職責でEBSにログインします。
2."Diagnose"のリンクをクリックします.
3."Select Application"ボタンを押下します.
4.アプリケーションの検索ウィンドウにて SQLAP(Payables) を選択します。
5.診断のリンクを Application - Payables - Invoice - Invoice Data の順に開きます。
6."Invoice Data"のチェックボックスをONにします.
7."Execute"ボタンを押下します.

上記実行後、AP請求書診断の対象を指定するべきパラメータの入力画面に遷移しますが、職責IDの項目しか存在しないため診断ツールの実行ができない事象が発生します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.