My Oracle Support Banner

R12: 減損した資産に対してWhat-If分析プログラムで改訂償却率が使用される (Doc ID 2166406.1)

Last updated on AUGUST 25, 2020

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

減損した資産に対してWhat-If分析プログラムで改訂償却率が使用される事象が発生します。
こららの資産は、翌年度より改訂償却率が使用される資産です。
しかしながらWhat-If分析プログラムは、現在の年度から改訂償却率が使用され、減価償却費が不正に計算されます。

再現手順

  1. 資産追加 *** 2016-05(MAY-16)
    資産台帳 : FA_BOOK
    資産番号 : FA_BOOK-01
    取得価額 : 592500
    年償却累計 : 4405
    償却累計額 : 412078
    事業供用日 : 25-OCT-2012
    償却方法 : JP-200DB 7
    残存価額 : 0
    償却限度 : 1 JPY

    FA_BOOKS.RATE_IN_USE : 0.286 ( 当初率 )

  2. 減損処理 *** 2016-06(JUN-16)
    減損日付 : 02-JUN-2016
    減損損失 : 1000

    FA_BOOKS.RATE_IN_USE : 0.286 ( 当初率 )

  3. What-If分析プログラムの実行 *** 2016-07(JUL-16)
    台帳 : FA_BOOK
    通貨 : JPY
    開始期間 : JUL-16
    期間数 : 5
    資産番号 : FA_BOOK-01
    全償却資産分析 : Yes


    What-If減価償却レポート
    ===========================
    会計 新規
    期間名 年度 減価償却 減価償却
    ------- ------- ------------ ------------
    JUL-16 2016 4,749+ 4,749+ <= 当初率を使用した4,066であるべきです。
    AUG-16 2016 4,749+ 4,749+
    SEP-16 2016 4,749+ 4,749+
    OCT-16 2016 4,749+ 4,749+
    NOV-16 2016 4,749+ 4,749+


変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.