My Oracle Support Banner

R12: CE: R12バージョンへアップグレード後、当方銀行口座の自動消込許容範囲がNULLになってしまう問題 (Doc ID 2169876.1)

Last updated on MARCH 01, 2019

適用範囲:

Oracle Cash Management - バージョン 12.0.0 から 12.2.5 [リリース 12 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

11iバージョンからR12バージョンにアップグレードすると、当方銀行口座の以下項目がNULLとなり当方銀行口座の更新時に必須チェックでエラーとなる事象が発生します。

対象項目:
 当方銀行口座の更新画面
  支払のセクション
   ・許容範囲金額
   ・許容パーセンテージ
  入金のセクション
   ・許容範囲金額
   ・許容パーセンテージ
  キャッシュ・フローのセクション
   ・許容範囲金額
   ・許容パーセンテージ
  オープン・インタフェースのセクション
   ・許容範囲金額
   ・許容パーセンテージ

当方銀行口座更新時のエラーメッセージ:
 フォームの検証に失敗しました:
 「許容範囲金額」に値を入力する必要があります。
 「許容パーセンテージ」に値を入力する必要があります。
 「許容範囲金額」に値を入力する必要があります。
 「許容パーセンテージ」に値を入力する必要があります。
 「許容範囲金額」に値を入力する必要があります。
 「許容パーセンテージ」に値を入力する必要があります。
 「許容範囲金額」に値を入力する必要があります。
 「許容パーセンテージ」に値を入力する必要があります。




原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.