My Oracle Support Banner

R12: 買掛/未払金オープン・インタフェース・インポート(APXIIMPT)でAP_INVOICE_LINES_INTERFACE.TAX_CODE項目が無視される (Doc ID 2192176.1)

Last updated on OCTOBER 11, 2016

適用範囲:

Oracle Payables - バージョン 12.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
REPORT:APXIIMPT.RDF - Payables Open Interface Import

現象

買掛/未払金オープン・インタフェース・インポート(APXIIMPT)において AP_INVOICE_LINES_INTERFACE.TAX_CODE 項目に入力した値が無視される事象が発生します。

Oracle Payables Reference Guide Release 12 (Part No. B25455-02) には以下のように記載されています。

(抜粋)
TAX_CODE
--------
Enter the tax code or tax group you want to assign to the invoice distribution created
from this record.

Validation: AP_TAX_CODES_ALL.NAME
Destination: AP_INVOICE_DISTRIBUTIONS_ALL.VAT_CODE

- 予期された動作:
請求書インポート時、インタフェース表に入力されたTAX_CODEの値がAP_INVOICE_DISTRIBUTIONS_ALL.VAT_CODE にセットされること。

- 再現手順:
本件は以下の手順にて再現します。

1.次のインタフェーステーブルにデータを作成します。
AP_INVOICES_INTERFACE
AP_INVOICE_LINES_INTERFACE

AP_INVOICE_LINES_INTERFACE.TAX_CODE には、AP_TAX_CODES_ALL にある値を入力します。

2. 買掛/未払金オープン・インタフェース・インポート(APXIIMPT.rdf)を実行します。

3. 請求書のインポートが成功しても、AP_INVOICE_DISTRIBUTIONS表の VAT_CODE には何も値がセットされません。
また、税金計算時にはE-Business Taxで定義した請求書のデフォルト税率が使用されます。

- 業務への影響:
お客様が指定した税率で請求書の税金計算を行うことができず、E-Business Tax側で指定したデフォルトの税率で自動計算されてしまいます。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.