My Oracle Support Banner

ワークリストの通知をクリックすると 「ORA-01840: 入力した値の長さが日付形式に対して不足しています。」エラーが発生する (Doc ID 2205142.1)

Last updated on FEBRUARY 27, 2019

適用範囲:

Oracle Self-Service Human Resources - バージョン 12.1 HRMS RUP8 から 12.1 HRMS RUP8 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
"ORA-01840: input value not long enough"

"ORA-06508: PL/SQL: could not find program unit being called"

現象

事象:

ワークリストヵらFYI(For Your Information)通知やFYA(For Action Notification)通知等を開く際に
下記のエラーが発生します。

FYI通知:
予期しないエラーが発生しました。 システム管理者に連絡してください。

Exceptionの詳細

Exception Details.
oracle.apps.fnd.framework.OAException: java.sql.SQLDataException: ORA-01840: 入力した値の長さが日付形式に対して不足しています。
ORA-06512: at "APPS.HR_UTIL_MISC_SS", line 1169
ORA-06512: at line 1

at oracle.apps.fnd.framework.OAException.wrapperException(OAException.java:912)
at oracle.apps.per.common.CommonUtils.setEffectiveDate(CommonUtils.java:377)
at oracle.apps.per.selfservice.review.webui.NtfReviewCO.processRequest(NtfReviewCO.java:153)
at oracle.apps.fnd.framework.webui.OAWebBeanHelper.processRequest(OAWebBeanHelper.java:604)
at oracle.apps.fnd.framework.webui.OAWebBeanContainerHelper.processRequest(OAWebBeanContainerHelper.java:252)
at oracle.apps.fnd.framework.webui.beans.layout.OAStackLayoutBean.processRequest(OAStackLayoutBean.java:350)

## Detail 0 ##
java.sql.SQLDataException: ORA-01840: 入力した値の長さが日付形式に対して不足しています。
ORA-06512: at "APPS.HR_UTIL_MISC_SS", line 1169
ORA-06512: at line 1

at oracle.jdbc.driver.T4CTTIoer.processError(T4CTTIoer.java:439)
at oracle.jdbc.driver.T4CTTIoer.processError(T4CTTIoer.java:395)
at oracle.jdbc.driver.T4C8Oall.processError(T4C8Oall.java:802)
at oracle.jdbc.driver.T4CTTIfun.receive(T4CTTIfun.java:436)

 

FYA通知:

ORA-06508: PL/SQL: PL/SQL:コールしているプログラム単位が見つかりません のため、変更内容は適用されませんでした。

 

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1.  アプリケーションにログインをします。
  2.  ワークリストの通知をクリックします。
  3.  エラーが発生します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.