My Oracle Support Banner

パッチ:25087190適用後、「Application Utilitiesの参照」画面で内容「被保険者となったことの原因」のコード「8」の「出向元への復帰等」に不要なタブ (Doc ID 2208430.1)

Last updated on OCTOBER 14, 2019

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1 HRMS RUP9 から 12.1 HRMS RUP10 [リリース 12.1]
Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.2 HRMS RUP8 から 12.2 HRMS RUP11 [リリース 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

「Application Utilitiesの参照」画面で内容「被保険者となったことの原因」のコード「8」の「出向元への復帰等」に不要なタブがあります。

なお、こちらは日本語のセッションのみで発生します。

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1.  パッチ:25087190が適用されている環境で「Application Utilitiesの参照」画面を開きます。(N) その他の定義 -> アプリケーション・ユーティリティ参照
  2.  「タイプ」項目で「JP_REASON_OF_INSURED」と検索します。
  3.  「コード」項目の値「8」の「出向元への復帰等(65歳以上)」を確認します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.