My Oracle Support Banner

パッチ:25087190適用後、「社保等・資格2」タブ内のエラー(MESSEAGE_TEXT)について (Doc ID 2211941.1)

Last updated on FEBRUARY 27, 2019

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1 HRMS RUP9 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

「社会保険・所得税等に関する情報」画面の「社保等・資格2」タブにおいて、

以下のようなパターンで登録すると、エラーが表示されます。(MESSEAGE_TEXTではなく、MESSEAGE_NAMEで出力されます。)

パターン1:「外国人」チェックボックスにチェックだけをつけて、保存しようとすると、エラー1がポップアップします。

パターン2:「外国人」チェックボックスにチェックをつけて、国籍、在留資格、期間を入力して保存しようとすると、エラー2がポップアップします。

パターン3;「契約期間の有無」チェックボックスにチェックをつけて、保存しようとすると、エラー3がポップアップします。

パターン:1
HR_JP_FOREIGN_INFO1

パターン2:
HR_JP_CHECK_ENGLISH_NAME

パターン3:
HR_JP_CONTRACT_TERM02

 

 

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1. パターン1:エラー「HR_JP_FOREIGN_INFO1」について

    1-1.「社会保険・所得税等に関する情報」画面の「社保等・資格2」タブを開きます。
    (N) 個人情報 -> (B) アサイメント -> (B) 社保・所得税 -> 「社保等・資格2」タブ

    1-2.「外国人」チェックボックスを付けて保存します。

    パターン2:HR_JP_CHECK_ENGLISH_NAMEについて
    2-1.「外国人」チェックボックスにチェックを付けた後に、
    「国籍・地域」項目および「在留資格」、「在留期間」を入力し、保存します。
    なお、こちらは「個人情報」画面の「英語名」タブに値が登録されていない場合に発生します。

    パターン3:HR_JP_CONTRACT_TERM02について
    3-1.「契約期間の有無」チェックボックスを付け、保存します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.